高値の見積額で車を引き取りして欲しいのであれば、中古車屋に持っていく前に、最低限やる必要がある項目がいくつもあります。清掃をして汚損をなくしておくことも重要のひとつです。車の査定を出すのも人です。「キレイではない車内だな〜」と思ったらよい判断をするのは難しいはずです。臭い、車内掃除もしていなかった汚れている自動車というようなイメージを持たれる可能性が高いわけです。これは車種に関係なく自動車を売るケースでも同様です。第一に、臭気に関して代表とされる買取金額が下がる要因に、たばこ臭が考えられます。車内は限定された空間なので車内でタバコを吸ったら、タバコ臭が自動車の中について取れなくなってしまいます。ここ近年では煙草を敬遠する方がブームのようになっていますから、世論もあるため、一昔よりも煙草の臭いは売却額にとって重要なポイントになります。自動車の処分前にできれば消臭スプレーなどのアイテムで愛車の車内臭を消しておきましょう。またペットの汚れは額が変わる要因となります。普段飼っているペットと自動車に乗る本人には気にならない事が普通なので第三者に査定に出す前に確認をしてもらうことが良いのではないかと思います。また、汚れている部分などですが、中古車を買い取った後に車買取専門会社のスペシャリストがきれいにして販売するのだから重要ではないなどと思って査定依頼したら、思い切り車の買取価格はカットされます。使っていればよごれはしかたありませんが誰でも取るのが可能なよごれに関しては洗車をしたり掃除をして落としておくといいでしょう。ワックスをかけることや売却する自動車のトランクの中の掃除などは忘れてはなりません。本当のところ、ワックスをかけたり清掃に必要なお金と、汚れたままにしているのが原因で買取査定で差し引かれる査定金額を比べると後者の方が大きい傾向があります。手をかけていた車だろうか?という点でみると、定期的に洗車に出したり車内をきれいにしておくというのがとても良いのですが、買取査定をお願いするときの暗黙の了解ですので、査定前にはメンテナンスを済ませることくらいは、所有車の査定金額を上げるようにするのなら済ませるべきことでしょう。